お祝い事があったときにプレゼントする花といえばどういったものを思い浮かべますか?
一番最初に思いつくのは、やはり真っ赤なバラではないでしょうか。

 

スタンド花にもバラを使うケースはたくさんあります。
花の中でもバラは人気のある花ですが、他の花との組み合わせで存在がより引き立ちます。
誕生日を始め、お祝い事全般の贈り物に適した花ですから、お店や法人へ贈られることの多いスタンド花にバラの花は人気の種類です。

 

では、法人の会社や事務所などへ贈るスタンド花の場合、どんな花が人気なのでしょうか?
そのようなシーンに最適なのが胡蝶蘭です。

 

大阪胡蝶蘭

 

室内に飾るタイプのスタンド花には胡蝶蘭が使われている物が多く、一輪が大きくて存在感があるため見栄えも良くなります。

 

他にもガーベラやチューリップなど、誰にでも愛されるようなスタンダードな花も人気があるそうです。
花の種類はたくさんありますので覚えるのは大変ですが、用途や相手によって贈る花を選ぶことができれば、相手に喜ばれる祝花が送れます。

 

また、単純な人気もさることながら、花の旬も大切です。
例えば、夏場に贈るスタンド花の場合、ひまわりだけをあしらった夏らしいものに仕上げるケースもあります。

 

大阪ひまわりスタンド花

 

逆に、一つの花の種類にこだわらずに様々な種類を混ぜ込むことによって、ボリューム感を出すことも多いようです。

 

花には花言葉というものがありますから、プレゼントに贈るときにも花言葉を意識してメッセージ性を持たせる場合が多いですよね。
しかし、スタンド花にはメッセージを贈るという意味はあまりなく、大抵の場合は「おめでとうございます」というお祝いの気持ちを贈るためのものとされています。
なので、花言葉のことはあまり意識しなくても問題はありません。

 

花の出来栄えはフラワーショップのアレンジによって異なりますが、同じスタッフが作成した場合には、大体同じようなテイストに仕上がることが多いようです。
同じ花を同じ本数使っていても、担当するスタッフのセンスによって全く違う仕上がりになると考えてよいと思います。

 

どんなに人気の花を使っても、花屋とセンスが合わなければ素敵なスタンド花が仕上がるとは言えません。
なので、どの花を使うかよりも、まずは評判のよいフラワーショップを探すのがよいと思います。

 

大阪へスタンド花を贈る